2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【良スレ】 この曲で泣こう! 【復活!?】

1 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 08:16 ID:zMYv21Jw
数年前にこの趣旨の良スレが在ったのです。
色んな意味で泣ける曲を紹介しあいましょう。

そして元祖「やぎ」様のご降臨をお待ち申し上げます。

2 :( ゚Д゚)ノ<イエッサー:04/05/22 08:20 ID:H1xSy7o/
今日は朝から2ゲトでゲンがイイ!

スティーヴ・ハウという人のヴォーカルアルバムは号泣できるYO!

3 :名盤さん:04/05/22 08:20 ID:TO5jCKO6
泣けない

4 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 08:26 ID:zMYv21Jw
>>2
早速のレスとてもうれしいです。
私はもうおじさんなので、けっこう懐メロから入ってくると思います。

最近は “Angie / Tori Amos” が泣けます。曲はあのストーンズのカヴァーです。
フル・アルバムには入っていなくて、EP盤にのみ収録されておりました。

スティーヴ・ハウはあの有名なギタリストのことですか?
ヴォーカル・アルバムは聴いたことがなかったので今度聴いてみます。

5 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 08:32 ID:zMYv21Jw
数年前のスレで挙げた曲も、再び挙げていきたいですね。

“Backtafunk / Bee Gees”
  地味なアルバム 「E・S・P」 収録のこの曲を聴いていると、なぜだかとても泣けてきます。
  “Love You Inside Out” などもとっても良いんですけどね。

“Here I Am / Paul Carrack”
  70年代に Ace とかいうバンドで活躍していた彼のソロ作品第2弾 「One Good Reason」 に
  入っていた曲です。これは歌詞が 「泣」 です。特にひねった内容ではないのですが。
  このアルバムから大ヒットした “Don't Shed A Tear (涙に別れを)” も名曲でした。

6 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 08:38 ID:zMYv21Jw
“Someone Like You / VanMorrison”
  「泣」 には様々なパターンが考えられます。
  この曲をオリジナル・アルバムで聴いたときは、さほど強い印象は残りませんでした。
  その後、だいぶ経ってから映画で使われているのを聴いて、「おお!」 と心惹かれてしまいました。
  誰かに歌ってみたいな。

“Year of The Cat / Al Stewart”
  ピアノのイントロを耳にしただけで 「激泣」。
  アル・スチュワートは大好きで、アルバムを沢山持っておりますが、やはりこの曲はNO.1でしょうか。
  敏腕プロデューサーのアラン・パーソンズも存分に腕を発揮しています。

7 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 08:44 ID:zMYv21Jw
“Old And Wise / The Alan Parsons Project”
  アラン・パーソンズと言えば、この名バラードを欠かすわけにはいきません。
  ラブ・ソングではなく、年老いた男が人生を振り返り、友に語りかけるような内容ですね。
  オーケストラのアレンジも◎。

  アラン・パーソンズのスレで詳細レビューをしていた頃が懐かしいです。

“Wouldn't It Be Nice (素敵じゃないか) / The Beach Boys”
  ビーチ・ボーイズで一番好きなのがこの曲です。名盤 「ペット・サウンズ」 からのシングル・ヒット
  でしたね。私は 「ペット・サウンズ」 のボックス・セットを購入して、様々なヴァージョン、
  アウトテイクを聴いています。

8 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 08:51 ID:zMYv21Jw
“Starting Over / Raspberrys”
  ラズベリーズで 「泣」 といえば、この曲でしょう。友人にカセットの編集を頼まれたときには、
  よくこの曲を最後に配置して、「泣」 を誘ったものでした。気に入ってくれた友人も多かったなあ。
  彼らは今はどこで何をしているんだろう……。
  エリック・カルメンの声は素晴らしいですね。

“Falllin' In Love / Hamilton, Joe Frank & Reynolds”
  70年代のNO.1ヒット。定期的に聴き返しては泣いています。
  もう1曲 “Don't Pull Your Love (Out) (恋のかけひき)” というのも2位まで上がる大ヒットでしたね。
  こちらは曲調は明るいのですが、過去の想い出を伴っているのでやはり 「泣」 認定です。

9 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 09:08 ID:zMYv21Jw
“You Are So Beautiful / Billy Preston”
  キーボード・プレイヤーのビリー・プレストンの名曲です。オルガンを使うことが多い人ですね。
  この曲もしつこいくらいに甘々に語りかけるように歌っております。
  やはり黒人のバラードにはある種の粘りけがありますなあ。

“Fly With Wings Of Love (飛翔) / Joe Sample”
  フュージョン界の大御所ジョー・サンプルのソロ作品 「虹の楽園」 のB面1曲目を飾っていた
  大作です。アルバム中でそれほど派手な作品ではないのですが、聴けば聴くほどっていう
  タイプの曲。最初の1回から良さが判る曲ばかりとは限りませんよね。

10 :GUTCH ◆GUTCH5/8Ho :04/05/22 10:35 ID:zMYv21Jw
“That's What Friends Are For (フレンズ) / Rod Stewart”
  バート・バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガー夫妻による名バラード。
  Keep Smiling, Keep Shining, Knowing You Can Always Count On Me...
  という歌詞が泣かせます。ポール・キャラックの “Here I Am” といいこの手の歌詞には弱いです。
  映画 『NightShift』 のサントラに収録されていましたが、今CDが手に入りません。
  Nice Priceで再発されないでしょうかねえ。同アルバムには Al Jarreau の Girls Know How という
  隠れた名曲も入っているのですが……

“Sweet Cherie (愛しのシェリー) / Moving Pictures”
  まるで日本の歌謡曲のようなイントロ、泣きのサックス、こういうのにもとても弱いです。
  デビュー・アルバム 「Days Of Innocence」 に入っていました。
  日本では、数年後の 「ネヴァー」 のヒットでも知られるようになりました。

さ、出掛けてこよっと。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)