2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

VVVVV体位法・・和声学・・作曲法VVVVV

1 :名無しの笛の踊り:04/02/21 00:05 ID:0mK5wJ27
なんでも質問書きなされ。

2 :名無しの笛の踊り:04/02/21 00:06 ID:C89zEQmZ
69!

3 :名無しの笛の踊り:04/02/21 00:10 ID:DqChCygY
48 te

4 :名無しの笛の踊り:04/02/21 00:10 ID:PTLvp7Ri
>>1
それでは、体位法とは何か、まず教えてくださらんか?

5 :名無しの笛の踊り:04/02/21 00:21 ID:954VlYpW
>>4
同じツッコミをしようと思ってきたが先を越された。
私見によれば、別名ラーゲ法なんでないかと想像する。

6 :名無しの笛の踊り:04/02/21 00:31 ID:0mK5wJ27
ラマーズ法、対位法

7 :名無しの笛の踊り:04/02/21 00:35 ID:v8lhxlN2
トリトンについて教えてください

8 :名無しの笛の踊り:04/02/21 01:05 ID:lgT48ry/
>>5
ラーゲ法って何?俺は殆ど独学で、下総とかギャロンとか
適当に買って勉強してるんだけど、正直、四声の対位法的
和声様式と、四声の純粋な対位法の違いが未だによく分からん。
芸大和声の3巻では、かなり独立性の強い声部進行を作る
課題があるけど、あれは飽くまで和声学であって、バッハ
対位法の四声とは区別しないと駄目なんだよね?結局何が違うの?

9 :名無しの笛の踊り:04/02/21 01:08 ID:8t3ITrS0
マジレスキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

10 :名無しの笛の踊り:04/02/21 01:08 ID:tb+1lf/2
>>8はスレッドストッパー ニヤリッ

11 :名無しの笛の踊り:04/02/21 01:13 ID:DqChCygY
四声の対位法的和声様式と、四声の純粋な対位法の違いが

なんじゃぁ、こりゃあぁぅ!?

12 :名無しの笛の踊り:04/02/21 01:15 ID:JnO8e749
正常位→右足入れる→横臥位→女の右足を回して→後背位
               体を後ろに倒す→松葉崩し→


後背位→抱き上げる→撞木ぞり→上半身を起こす→後背座位→
松葉崩し→両足をお尻の下に→獅子舞→騎乗位→上半身を起こす→座位

後背座位→後背位→右足を入れる→横臥位→右足を抜く→正常位
座位→前に倒して→正常位→Sempre..................

正常位→フィニッシュ
Sempre 」

先生!
体位方を対位法的に処理して、さらにT-X-Tの形で転調もしてみました!

13 :名無しの笛の踊り:04/02/21 01:18 ID:6tJZAD9L
>>12
乙。でももう許しておやりなよ。

14 :名無しの笛の踊り:04/02/21 01:28 ID:tb+1lf/2
>>13
ここは>>1のネタスレだよ?この流れでいいの。

15 :名無しの笛の踊り:04/02/21 03:22 ID:Jg3fJcK0
オギノ式質問スレはここですか?

16 :名無しの笛の踊り:04/02/21 03:26 ID:M7bwind6
体位法・和合学・作子法

17 :名無しの笛の踊り:04/02/21 09:23 ID:FZQUaelY
池辺さんに聞いてもようかな。

18 :名無しの笛の踊り:04/02/21 10:53 ID:4e29H6dw
かなり期待していたのに、ネタスレかよ!!


   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: :::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: :::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄

19 :名無しの笛の踊り:04/02/21 12:46 ID:WR21j5Rt
>>18
warata


20 :名無しの笛の踊り:04/02/21 22:05 ID:WgBns5H/
ひょっとして、ネタスレなのではなくて
純粋にスレタイで変換を間違えただけなのか?

21 :名無しの笛の踊り:04/02/22 01:01 ID:Ov0NGLsn
>>1
予習するからそれぞれのテキストを紹介してください。
オナガイシマス

22 :名無しの笛の踊り:04/02/22 02:44 ID:2J7FWkMC
>>20
もしそうだとしてもこの手のテーマのスレは荒れると昔から決まっておるでな。

23 :名無しの笛の踊り:04/02/22 09:08 ID:4imAMaDE
ネタスレ大好きワショーイ

24 :18:04/02/24 01:13 ID:7n3sPOVo
>>1
スレタイの変換間違えたならば
ネタスレ呼ばわれスレでも何でもいいんで
質問したら正しい答えをくださいな・・・。

25 :名無しの笛の踊り:04/02/24 03:53 ID:RKHlumFn
>>24
百聞は一聴にしかず・・・ってか、自身で学んでいるそうだから、
ゴタクタした説明は('A`)マンドクセ-から省いて、偉大なる先人が
残した作品に範を求めて見ませう。

http://www.sheetmusicarchive.net/index.cfm

ここに楽譜があるから、ブラームスのOp118/5、
それと適当なバッハの4声のフーガを比べて見たら良いんじゃないかな。

26 :名無しの笛の踊り:04/02/24 17:49 ID:MPgEiiW3
ttp://hp.vector.co.jp/authors/VA007711/

まともなスレになってくれることを烈しく期待

27 :名無しの笛の踊り:04/02/25 01:14 ID:ASSYkm5P
シックスナイン

28 :名無しの笛の踊り:04/02/25 01:26 ID:ved4f/Lj

1は立て逃げしたようだから、体位法は確信犯的間違いだろ。しかも今「たいいほう」を
変換したら、体位法など候補にも挙がらなかったぞ。対位法、和声学ときて、次が作曲法
というのも唐突だし。1は氏ねってこった。

29 :名無しの笛の踊り:04/02/25 04:28 ID:wt2Wb1ny
>>28
チミの変換ソフトが絶対ってわけじゃない。
今ためしたら俺のでは体位法が最初に出たw

30 :名無しの笛の踊り:04/02/25 18:27 ID:RjoSI14t
花の都巴里で十年掛けて研鑽してきた、池内友次郎のテクニック
に学んでみれば?(w


31 :名無しの笛の踊り:04/02/25 18:31 ID:vUJrXx36
思ったとおりのスレ進行だw


32 :名無しの笛の踊り:04/02/25 19:13 ID:34osL3X2
実際に「体位法」と誤植印刷されたことがあったらしいよ。

33 :名無しの笛の踊り:04/02/25 19:56 ID:eFIfJJyu
流れを戻す。
>>8
バスとの関係の意識度が違う。

34 :名無しの笛の踊り:04/02/25 20:10 ID:vtf6s1MW
幻想交響曲第5楽章の3小節目の和声って何ですか?
Ais:Cis:E:Gなのですが・・・・
Cis:E:G:B(Aisの代りに)と考えると間違いでしょうか?


35 :名無しの笛の踊り:04/02/25 20:59 ID:U6tpg69Q
>>21
体位法のテキストは「あるすあまとりあ」です。

36 :名無しの笛の踊り:04/02/26 01:45 ID:+AAzpkZM
>>33
つーか、対位法では和声の進行を意識してないって感じがするんだが。
違うかな?

ついでに
>>34
楽譜が手元にないから断言できんが。
CisEGBだとG durに行きそうな気がするから違うと思う。

37 :名無しの笛の踊り:04/02/26 04:27 ID:S0MTzVfS
>>34
減7の和音だな。ドミナントの1種。
和声学的にいうと、このaisはhの導音なのでbではなくてaisしか通用しない。
cis-e-g-bにしてしまうと、トニックがdになってしまう。
同じ和音に聴こえても和声学上の扱いが違うというわけ。

38 :名無しの笛の踊り:04/02/26 10:22 ID:zSTjinZV
>>36-37

ありがとうございました。
Dになるのですか・・・・・ふむふむ。
まだまだ勉強が足りんなぁ。

39 :名無しの笛の踊り:04/02/28 22:54 ID:eiUL5DQc
>>25
勘違いでトーカッタとフーガダウソロードしてしまいました・・・。

_| ̄|○バカヤッチマッタ・・・。

40 :名無しの笛の踊り:04/02/29 01:46 ID:zlCMch9l
おしえてください
英語だとドレミファソラシドは
CDEFGABC
なのに
ドイツ語だと
CDEFGAHC
となって
順番として
BbをBとして2番目に扱うのはなぜでしょう?

いみふめいでつか?

41 :名無しの笛の踊り:04/02/29 01:59 ID:0Lblpv1w
>>1
高校の音楽の先生が「字を間違わないようにね」と言って黒板に書いた時
クラス全員爆笑したのを思い出した。

共学だけどね。。。。



42 :名無しの笛の踊り:04/02/29 02:45 ID:dqzMvOkp
>>40
b←丸いB
h←四角いB


43 :名無しの笛の踊り:04/02/29 08:53 ID:NsTSL/bM
>>40
フラットの形(♭)をよく見てみ。bの形をしてるだろ?
実際、フラットのこともドイツ語ではb(ベー)と呼ぶ。

……ちょっと質問の答えになってないなw
全部説明しようとすると、ヘキサコードや教会旋法の話も
しなきゃいけなさそうな予感。
いつかヒマな時にでも、うまくまとめられたら答えるかも知れん。
忘れちゃったらゴメンねw

44 :名無しの笛の踊り:04/02/29 17:36 ID:zlCMch9l
>>42
>>43
ありがとうございます。
自分でもいろいろ検索してみて見えてきたような
煙に巻かれたような微妙な感じですが
ヘキサコードのことは何となくわかりました
シが存在しなかったことも何となくわかりました。
4と5のヘキサコードをまぜると
シが二つ現れるらしきこともわかりました。
・・・・・・でもなんかしっくりこないな・・・

45 :名無しの笛の踊り:04/02/29 17:52 ID:QxenWKHm
昔、ガチンコファイトクラブに出ていた竹原が曲出してたの知ってますか?どうですか聞いた感想は?
ttp://www.overrecord.com/shop/take/get.rm
竹原慎二「下の下のゲットー。」

♪強引 教員 生徒はBooing
全員 封印 地獄にGoing

警察 盗撮 署長は黙殺
手回し 根回し インチキしたいし

愉快 誘拐 世間は難解
放送 暴走 被害は急増

議員は 不倫で ばれたら辞任
千本ノックは みんなでアウト

部長の 出張 ゴルフは 不調
威張って 怒鳴って 査定は サイテー

風俗 低俗 テレビは 連続
厚底 上げ底 だますな こそこそ

コギャルに 群がる チーマー いきがる
テメーに オメーに 言葉は 不明に

メールは デジタル チャットは バーチャル
中途 ナンパな 半端は やんな

(サビ)YO YO お前ら弱い世界じゃ 強いだろうが
強い世界じゃ 下の下の ゲットー

46 :名無しの笛の踊り:04/03/10 23:43 ID:0sHz+SMP
age

47 :名無しの笛の踊り:04/03/14 16:43 ID:JT3gmzDR
マジレスしますけど。
今和声学を習ってるんですがソプラノを連続で完全4度ずつ進行させたら
その動きは近代的な動きだからあまり使わないほうがいいって言われまし
た。この動きを大学の入試とかでさせたらやっぱり評価は低くなりますか?


48 :名無しの笛の踊り:04/03/14 17:20 ID:41yEVFXk
う〜ん、普通はしないと思うんだがな。
専門家>>49はどう思うよ?

49 :名無しの笛の踊り:04/03/14 19:19 ID:0LnBNzlO
専門家には程遠いが・・・。
>>47
4度に限らず、同方向の跳躍を連続する事は、和声課題では良くないと
されている。だから、跳躍したら逆方向に進行させるか、
どうしても同方向に進行させる場合は、順次進行させる習慣をつけた方が、
勉強になると思う。

完全4度の連続を使わない方が良いというのは、多分4度の和音を連想
させてしまうからじゃないか?言うまでもなく、和声課題は3度の
堆積の和音を学習するものだから、現近代で多用される、4度の和音の
ような響きを形成してしまうのは都合が悪い。例えばソプラノが、
D→G→Cと上行すると、何となく、Dの上の4度堆積和音を分散した
ような印象を受けてしまい、これは古典派の音楽にはあまり見られない。
だから入試とかだったら避けた方が良いと思う。

50 :名無しの笛の踊り:04/03/15 02:54 ID:HEL9E+XO
芸術は爆発しなければならないのでかような規則に縛られるべきではない。


51 :名無しの笛の踊り:04/03/15 09:20 ID:+eoVmLq5
>>50
和声学は芸術じゃないよ。絵画でのデッサン同様、オーソドックスに出来ることに意味がある。

52 :名無しの笛の踊り:04/03/15 10:07 ID:4gIASegB
体位法は芸術じゃないよ。絵画でのデッサン同様、オーソドックスに正常位ですることに意味がある。

53 :47:04/03/15 13:27 ID:a0OBrYjW
>>48,49
お答えありがとうございます。
最近勉強し始めたばかりの素人なので低レベルな質問してすみません。
もっと頑張って勉強しないとだめですね。

54 :名無しの笛の踊り:04/03/15 13:49 ID:wUqyc1nO
>>51
作曲の世界でも四声体和声とか学習フーガとかうんざりする訓練があるわけね。
でも現代の作品はそうやって身に付けた規則・間隔と離れたところで書かれている
ことに矛盾を感じる。

55 :名無しの笛の踊り:04/03/15 14:26 ID:O2YMBrac
規則を知ることによって規則から離れた
曲を書くことが出来る。
技術を習得することで技術に縛られない曲を
より自由に書くことが出来る。
でも現代音楽はちょっと苦手だな


56 :名無しの笛の踊り:04/03/15 15:25 ID:2XttT9fb
てか、フーガとかディフェレンシアとかトッカータとかファンタジアとか
今ではそうした手法で作曲しなくなっちゃったのはどうしてなの?
現代でもその手法で曲書いたっていいじゃん。

57 :名無しの笛の踊り:04/03/15 15:38 ID:FPjDOKws
現代書いてるけど

この間プレリュードとフーガ書いたよ。
だれも分からなかったみたいだが。

和声やフーガの感覚って現代書く上でも必要…とまでは言えないかもしれないけど
あった方がいいものだと思うよ。

58 :名無しの笛の踊り:04/03/15 15:52 ID:2XttT9fb
>>57
スバラシイ!

作曲ってなにもないところから始めるよりも、フーガなりなんなりの約束事や
制限事項があったほうが作りやすくない?

演奏にしたって、まったく決まりのない即興よりも通奏低音法に則った即興の
ほうがやりやすい。

俳句や短歌に似た感覚かな。


59 :名無しの笛の踊り:04/03/15 17:01 ID:FPjDOKws
>>58
うん
約束事はあったほうがやりやすいよ。

と、言うか約束がない状態で作曲って成立しない気もするけどw
現代音楽にも約束事はあるし。

って書くとなんか『クラシュック』と『現代音楽』
を分けてるように思われてしまいそうなんだけど…
個人的には一連の流れで派生してきている音楽だと思っているので
バッハやらベトやらを知らないで現代ってのはありえない。

60 :名無しの笛の踊り:04/03/15 17:30 ID:8br9TGgm
>>59
漏れもてっきりそう思っていたんだが…
どうもそういうの近ごろぜんぜん流行らないみたいで…

61 :59:04/03/15 17:33 ID:FPjDOKws
クラシュック…(´Д`*)
これははづかしい…


62 :59:04/03/15 17:37 ID:FPjDOKws
>>60
そういうもんですかねえ…
ルールが何もない状態で作ったらそれってただめちゃくちゃやってる
って事だと思うんですけど…

まぁ実際問題演奏者とかでもたまに「現代音楽」=わけわからんモノ
って思ってる人いるからなぁ…
めんと向かって言われてしまった時はとりあえず謝っちゃったけどw

63 :名無しの笛の踊り:04/03/15 21:22 ID:nEGQZ3mb
>>53
やっぱり偉大な先達をみならおう、ってことで、
メロディーが4度進行を行うとどう聞こえるか。
コープランドの「市民のためのファンファーレ」
か交響曲第3番の終楽章を聞くとよろしいかと。

64 :名無しの笛の踊り:04/03/18 01:18 ID:lwDp7bYa
ごめんくださいませ。
別に作曲家を目指してる訳でも何でもない、単なる鍵盤楽器愛好者ですが、
普段から曲の構成とかすごく気になって仕方ありません。
そこで、対位法四拾八手とか、和声学とか独学でも理解できる本がないかと探しています。
皆さん、お勧め本がありましたら是非教えてください。



65 :名無しの笛の踊り:04/03/18 06:44 ID:SU8UkPaZ
和声理論と実習1から3巻とノエル ギャロンの対位法
なんかいいんじゃないですか。
自分で作曲するのも楽しいですよ。ピアノ曲を
自作自演なんてカッコイイのではないかと。
本格的にやるのは大変ですけど。

66 :名無しの笛の踊り:04/03/18 12:56 ID:lFZ0hRgg
ふむ!大変だ!自作自演には数年かかるぞィ。

67 :名無しの笛の踊り:04/03/18 13:02 ID:xz3sJdsi
>>66
この板には自作自演がいっぱいいますが何か?

68 :名無しの笛の踊り:04/03/18 18:42 ID:4aNhC8ag
>>65
ありがとうございます。
ちなみに総合和声−実技、分析、原理、の方はどうなんでしょうか?
貧乏なので、一度に3冊も買えそうもないので・・・
テオドール・デュボアの和声学もイイ!と聞いたのですが、
どうも絶版のようで見当たりませんでした。

69 :名無しの笛の踊り:04/03/18 20:47 ID:SU8UkPaZ
その本でもいいと思います。
だいたいの和声理論が分かれば
曲の構成もそこそこ分かるとおもいます。
たぶん・・・自分もまだ勉強中なので断言は
できませんが。

70 :名無しの笛の踊り:04/03/19 00:43 ID:+36CXcnD
つか、総合和声は、理論と実習3冊セットの改訂版、というか
難易度落として一冊にまとめたもの、てな感じです。
「本書の用い方」ってとこに、
「本書の実習範囲は、ほぼ『和声 理論と実習III』の前半までに相当する」とあるので。
ただ、演習問題の数がかなり減らされているので、独習にはは勧めたくないです。

個人的にはシャランのが結構勉強になりますが、入手困難です。

71 :名無しの笛の踊り:04/03/19 06:08 ID:+vhAavEc
>>69-70
うーん、悩みます・・演習問題やらないと身につかないでしょうか?
一応、独学とは言いましたが、ピアノの先生にはついているんです。
が、45分のレッスン時間に理論の話をはじめると、
ピアノのレッスンがほとんど進まなくなる恐れ大なので、独習して
本当に分からないところを先生に聞こうかと思ってたんですが・・・


72 :名無しの笛の踊り:04/03/19 13:29 ID:aFkQwNDi
対位法を、ついいほう、と読んでいた香具師が正しい読み方を覚えられるスレはここですか?

73 :名無しの笛の踊り:04/03/19 15:14 ID:k/OuIeYm
わ性学

74 :名無しの笛の踊り:04/03/19 22:20 ID:/yLdA2DQ
ピアノの先生はおそらく理論をほとんど理解していないと思われます

75 :名無しの笛の踊り:04/03/19 23:15 ID:UQCUOpc9
>>74
なんでそう分かるの?

76 :名無しの笛の踊り:04/03/20 01:14 ID:n/N1LJZ6
>>75
74自身がピアノの先生なんじゃないか?

77 :名無しの笛の踊り:04/03/20 01:33 ID:iUVjIg27
>>76
ワロタ進呈。

78 :名無しの笛の踊り:04/03/20 01:58 ID:NOvT2YIN
>>75
俺は一応管楽器専攻で音大出てるけど、>>74の言う通りだと
思う。確かに、和声の授業は必修科目だけど、音大では芸大和声の
2巻途中位までしかやらなかったもん。大体あんなものは卒業したら
きれいさっぱり忘れちゃうよ。やっぱり学生時代は、楽器の練習に
時間使いたいし、和声なんて単位とれれば良いや、位にしか考えて
なかったよ。だから質問するならちゃんと作曲科卒業した先生に
聞かなきゃ駄目だと思う。

俺の場合、演奏家になるの諦めて高校の音楽教師になったんだけど、
和声や対位法詳しくなかったから、滅茶苦茶困った。高校生位になると、
独学ですげえ知識持っている奴とかいるから、最初の1年は色々苦労
したもんだ。生徒になめられないように必死で勉強したよ。
今は何とか格好つくようになったが・・・。

79 :名無しの笛の踊り:04/03/20 02:17 ID:Q3gvgFui
>>74
胴衣、

>>71
対位法については、とくに、演習が重要でしょうね。よいテキストはあまり見たことが無い。

日本(語訳等)で出ている本は、おすすめは難しいですね。
和声、作曲、管弦楽に関しては、洋書のほうが、はるかによくまとまっている。
例えば、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/039397572X/qid=1079716209/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-7305020-6202757

↓なんかは、ましでしょうね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276106206/qid%3D1079716547/249-7305020-6202757

これは、よい本だと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4560054487/ref=pd_bxgy_text_2/249-7305020-6202757

演習については、夏季、冬季セミナー等で、音大に顔を出すと、随分違うかも。


80 :名無しの笛の踊り:04/03/20 02:39 ID:Q3gvgFui
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0393004783/ref=cm_custrec_gl_rec/102-7985869-7557735?v=glance&s=books


81 :名無しの笛の踊り:04/03/20 02:54 ID:BhCf97sT
>>79
その本って、実際和声を組み立てる力つくのかなあ?
中身ちゃんと見たことないから偉そうなこといえないけど、見た感じ、
概念的なことや理論的なことを詳しくやってるような感じじゃない?
なんか、先生について1対1で問題を解いていくほうが、身につきそうな気がするんだけど。

音大のセミナーって、大学ではこんなことをしますっていうのより、
合格必勝法みたいのしか教えてくれなかった気が。

82 :名無しの笛の踊り:04/03/20 20:49 ID:Q3gvgFui
>>81
>>80は名著だよ。

しかし、いずれも参考程度。
重要度80%を占めるドミナントの感覚とかは、本だけ読んでも分からんでしょ。

セミナーは、専門学校とかも利用するといいかも。YAMAHAとかは知らんが。

83 :名無しの笛の踊り:04/03/20 20:51 ID:Q3gvgFui
wasure

84 :名無しの笛の踊り:04/03/20 20:56 ID:JnvbXFLf
世界中探しても芸大和声、理論と実習、新芸大和声の島岡三部作以上の理論書など
ないと思うが。日本の西洋音楽界で唯一のインターナショナルクラスのの業績だと思うね。

85 :名無しの笛の踊り:04/03/20 20:58 ID:Q3gvgFui
>>84
sono teido ha so many in the world.
sekai ha hiroi


86 :名無しの笛の踊り:04/03/20 21:02 ID:JnvbXFLf
>>85
具体的に何かある?

87 :名無しの笛の踊り:04/03/20 21:13 ID:Q3gvgFui
>>86 その本は読んでないので、今度図書館に行って調べてみるわ。

いや、おれは、別に非常に狭い日本語書籍に、こだわっていないだけ。
インターナショナルクラスっていうのは、わが語法、リディクロ、>>80、辺りをいうのでは?

松平頼則の本も、内容は素晴らしい。


88 :名無しの笛の踊り:04/03/21 00:08 ID:IkbWMUau
>>79の本は極一部の人間が(・∀・)ニヤニヤする本だろ?
他に挙がってる本は基礎〜応用まで名著が挙がってるが、
>>79の本が名著とは聞いた事が無いし自分自身も名著だとは思わない。

89 :名無しの笛の踊り:04/03/21 00:17 ID:IkbWMUau
それから、
>対位法については、とくに、演習が重要でしょうね。
>よいテキストはあまり見たことが無い。

あるだろ?w
お前ちゃんと勉強したのか?w

>>78
やっぱ「ピアノ実習の先生」と「ソルフェージュ系の先生」では、
理論に関する知識量は違うの?へぼい音大生よりかは俺の方が
理論知ってたりするのかな?w でもやっぱ一流音大生は知識も
立派なんでしょ?

90 :名無しの笛の踊り:04/03/21 02:42 ID:CSCr1zhx
>>88-89

おれからの一般意見を言っただけだ。貴様が、どう考えようと知ったこっちゃ無い。
なにが、ニアニアだ。ヴぉけ。

対位法については、あるなら挙げてみろ。
規則ばっかりが載っている本はあるだろう。
よい処理の仕方の例が詳細に載っている解説本は皆無だろ。

ガキは黙っている!


91 :名無しの笛の踊り:04/03/21 06:29 ID:zC5j4MnV
対位法を学ぶにあたっては。。
兎に角対位法の先生みつけて一回でもレッスンを受けることが
ベストでないでしょうか?
それでから自分の必要な情報を選ぶことが順番と考えます。

92 :名無しの笛の踊り:04/03/21 11:52 ID:4DzL5293
いったい何のために対位法なんか学ぼうと思ったのですか?

93 :名無しの笛の踊り:04/03/21 12:17 ID:gp3H200q
快楽を追求するため。


94 :88:04/03/21 18:35 ID:jjRx/HzI
>>90
だからさあ、「初心者や中級者のための本」だろ?
>>65をちゃんと読めよ。消防や厨房に東大の問題とかせても意味無いだろ?
もちろん東大やセンターの問題は良問が多いかもしれんが。
だいたい先生が付随でならまだ分かるが、>>65が「独学で〜」と書いている
にも拘らず、洋書勧めるあたりからして頭がおかしい。
これじゃあ翻訳が中心になって音楽理論は2番になるな。w
それにお前の2番目に勧めた本「ベートーベンのソナタを中心に学習」
とか書いてあるのマジでお笑い。w それともお前釣り氏?w

95 :1:04/03/21 18:53 ID:aa/u8QQI
この間俺の先生のところでケクランの近代和声学の本ちらって見せてもらった
んだがさすがにもうどこにも売ってないかな?
もうちょっと詳しく読んでみたいんだけど。


96 :64:04/03/21 19:00 ID:YUW/ghPE
皆さん、いろいろありがとうございます。
とりあえず、島岡三部作の1からやってみます。
正常位を学んで、いつかはつばめ返しなども出来るようにがんばります。

>>92
小さい頃は、オルガンやピアノを習ってました。
子供も頃は何も考えずに弾いてました。
高校生になって色んなジャンルの曲を聞くようになりました。
その中で「あれ、このコード進行は○○と同じ」というのを沢山発見しました。
その元を辿っていくとバッハにぶつかりました。(ジャズはまた別ですね)
そのバッハのフーガがとても好きなんです。別にフーガを作曲しようとは思ってませんが、
ただ弾いて快楽を得るだけではなくて、「なーるほど!」と納得したいんです。

語学で言う、文法を理解したいっていうのと確かに同じだと思います。



97 :95:04/03/21 19:02 ID:aa/u8QQI
95の1はここの1ではないので

98 :名無しの笛の踊り:04/03/21 19:16 ID:JBBn9mj/
いわゆる芸大和声の教科書は
「理論書」ではあるけど「音楽」としてはちょっと・・・。
(↑実際に芸大の先生にも言われました)

和声や対位法に関して
独学で頑張りたいと思われてる方もいらっしゃるとは思いますが
個人的な意見として 独学は余りすすめられません。

例えば 2人のひとが同じ本を基に勉強しても
同じ音楽性が養われることは ほぼ皆無ですし
もし自分ひとりで「良い」と思い込んでしまい どんどん違う方向にすすんでしまったら
後になってから大変な思いをするので。


99 :ネコオタ@ ◆OkhT76nerU :04/03/21 19:53 ID:XsqYSfcV
>>98文法を体系的にやりたいっていう願望はいいんじゃない?
芸術的表現は勉強どうりにはいかないっていう点だけよく
わかってればとんでもない間違いをしなければいいと思う。
>>78が楽器しかやらなかったように>>64は自分が若干偏ってて、
違うフィールドに興味があるっていうことに気付いたわけだし。
まじめにやれば演奏も絶対良くなるよ。自分でアナライズして
解釈する力がつくんだから。
芸大和声は学問であるところがいいんじゃないの?道具として
創作では無視するなりまんま参考にするなりどうやったっていいわけだから。

それより
>>いわゆる芸大和声の教科書は
「理論書」ではあるけど「音楽」としてはちょっと・・・。
(↑実際に芸大の先生にも言われました)

こういう言われたっていうメンタリティが理解できんが。
そんなもん自分で判断しろよ。

100 :名無しの笛の踊り:04/03/21 20:15 ID:gifk5kEh
100

101 :名無しの笛の踊り:04/03/21 20:51 ID:W9nshxvi
>もし自分ひとりで「良い」と思い込んでしまい どんどん違う方向にすすんでしまったら
>後になってから大変な思いをするので。

同意。

102 :名無しの笛の踊り:04/03/21 22:18 ID:CSCr1zhx
>>94
悪かったな。w

103 :78:04/03/21 23:35 ID:cX4sKuz3
>>89
>やっぱ「ピアノ実習の先生」と「ソルフェージュ系の先生」では、
>理論に関する知識量は違うの?

というか餅は餅屋で,作曲科出てる先生につくべきだと思う。
作曲科出身の先生であれば、ピアノの先生であってもソルフェージュの
先生であっても、全く問題はないし、思う存分質問出来るよ。

>へぼい音大生よりかは俺の方が理論知ってたりするのかな?w 

へぼい音大生どころか、作曲科以外の普通の音大生は殆ど理論や和声
知らんぞ。作曲科の連中は、入試の段階で芸大和声3冊終わらせてシャラン
とかやってるけど、俺ら器楽科は、入学してからはじめて1巻をやる
訳だから、この差はかなりでかい!!しかも2年でナポリの和音とか
ソプラノ課題とかやって、無事単位とれたらそこで授業は終わり。
まあこんな具合で、実質2年間しか勉強しないから、趣味であろうと、
何年も作曲を勉強している人にははっきり言って敵わない。
実際、音大のピアノ科を主席で卒業したけど、和声わかりません、って人は
決して珍しくないんだよね・・・。

104 :名無しの笛の踊り:04/03/21 23:48 ID:4oiRvRnZ
芸大和声のすすめ方って、単純なうちはすごく分かりやすいけど、
ちょっと偶成和音とかあたりになると矛盾だらけでキライ。
「大作曲家の和声」とかの方が面白くて好き。

ところで、わかっているとは思うけれども
>>96=64
フーガに三部作はあんまり役に立たないですよ?
はなから対位法に入っていった方が良い気が。

>>95
ケクランがまだ売ってるのなら私も欲しい…おそらく先生にコピーさせてもらった方が
手っ取り早いと思われ。



105 :78:04/03/22 00:33 ID:oPYeBsrs
>>99
でも俺は、卒業してからちゃんと先生に個別レッスンしてもらって、
勉強したぞ。世間では、音大出身って事で理論知ってて当たり前
みたいに思われるからな。

>芸大和声は学問であるところがいいんじゃないの?道具として
>創作では無視するなりまんま参考にするなりどうやったっていいわけだから。

その通りだと思う。実際、課題やる事によって力つくし、ある程度マスター
したら違う人の本で課題やったり、>>79の本で息抜きするのも良いな。
バルトークの作曲技法と、和声の歴史は、ある程度基本を理解した人だったら、
読み物として楽しめると思う。

所で、もし独学で勉強するなら、まず楽典の知識が必要じゃないだろうか。
上に作曲科以外の学生は、あまり和声知らないと書いたが、流石に音大生で
完全5度と聞いて、指折り数える奴はまずいない。最低限、楽典は完璧に出来て
いる、という前提で和声の授業をやるのだ。
ついでにソルフェージュの先生の名誉回復の為に言っとくと、彼らは作曲とかは
詳しくなくても、楽典や聴音といった、音大入試レベル程度だったら目を
瞑ってても出来るよ。

106 :78:04/03/22 01:19 ID:oPYeBsrs
>>104
確かに、大作曲家の和声と大作曲家の対位法は面白いけど、これは
作曲科個人に焦点を当てた本だから、やっぱり中級者以上対象じゃない
かなあ・・・。ただオペラに1章割いてるのと、比較的取り上げられる
機会の少ない、リストの和声を挙げている事は評価出来ると思う。
ケックランはもうないだろ。松平の近代和声学でさえ、今売ってないから。

>>96は、フーガやりたいなら下総の対位法で良いと思う。ギャロンで8声
までやるより、3声程度を確実にマスターした方が実用的だし、下総の本は
初級向けとはいえ、複式対位法まで詳しく取り上げているから、フーガを
やる為の良い準備になるのでは?

107 :名無しの笛の踊り:04/03/22 01:20 ID:mqKHfE64
作曲科のひとが和声や対位法が出来るというより
「和声や対位法の基礎を知っている」 と言ったほうがいいと思うが。

108 :64:04/03/22 01:24 ID:ATd9Qd3v
楽典、聴音、ソルフェージュはそれぞれやりました。10年以上前ですが・・
訳アリで音大は断念したので音大は行ってませんが、基本的な知識はあると思います。
ちなみにおすすめ本は洋書でもokです。出来れば英語より仏語がいいです。


109 :vega23 ◆L2D0BKO4Ss :04/03/22 14:24 ID:WE7byH7P
対位法やフーガって一口に言っても厳密には2〜3あると思われ。

1.ルネッサンス系(パレストリーナなど)
2.純粋対位法系
3.和声的対位法系(バッハなど)

学習してる時に、どの時代の対位法様式なのか理解しておくと、
大分理解しやすいと思う。↓ここのDTM板のスレも参照汁!

■■音楽理論(・∀・) 2冊目■■
http://pc4.2ch.net/test/read.cgi/dtm/1039186605/l50

>>78
でも桐朋とか芸大系の一流音大生は作曲家に限らず、
みんな理論には長けてる・・・って事はないの?

110 :64=96:04/03/22 17:07 ID:D/T1vqAB
>>106
ありがとうございます。
やはり、入門書みたいのから入った方がわかりやすいですよね。
下総さんのですね、チェックしてみます。

>>107
こんなスレがあったんですね、知りませんでした。
じっくり読んできます。

111 :79:04/03/22 18:14 ID:alNBtCLf
>>79だが、.>>104の意見に胴衣。

島岡氏の和声をみたが、数秒で、くだらなさが分かり、予想通り。
もちろん、この本の存在意義は、いわゆる大学講義で、defaultだろうが。、

対位法についても、このような本はたくさん存在するが、
面白いと思うのは皆無、と言いたかった。

白水社のものは(フーガ等)は例外なく面白いが。

112 :79:04/03/22 18:15 ID:alNBtCLf

defaultというもの、だろうが。

113 :名無しの笛の踊り:04/03/22 21:11 ID:DOZA1fe6
>>109
漏れ1流大学wではないけど、どこも一緒だと思うよ。
逆にどこの学校でも興味があるやつは勉強してる。
結局個人次第じゃ無いかな。でも知らないやつが大半だと思うけどね。
作曲科でもあやしいやつはあやしいよw

114 :104:04/03/22 21:49 ID:f1fDDivp
>>106
中級者向けか…実は一番最初に和声の勉強するときに渡されたテキストが、
後になってみたら「大作曲家の和声」の一部だとわかったんだけど。
だから、和声学の導入にはとっつきやすいような気がしてたんだが。
教えてくれた先生が特殊だったのだろうか。

>>111
私の場合、芸大和声の存在意義は、大学講義と言うより音大受験用だった。
講義のときは結局、あの本に書かれてることでは和音記号の書き方しか使わなかったし。
理論書なんてそんなもん、と言ってしまえばおしまいだけれど。


115 :95:04/03/22 23:25 ID:pJc8BHBw
>>114
中級者向けというか特に知らなくてもいいことが多かった気が。
近代や現代の音楽が好きな漏れにとってはなかなかよかったけど。
連続2度とかが書いてあったのを覚えてるけどあとはあんまり覚えてないw
作曲家の和声を例として挙げてるのはいいことかもしれないけど漏れはそう
いう風に教えてもらってないからなんとも言えないなぁ。
>>106
やっぱもう売ってないか、翻訳版の初版が確か50年ぐらい前だった気
がするし。
やっぱコピーしたほうが早いか。

116 :78:04/03/23 02:03 ID:vWnHFA6j
>>109
芸大は作曲科狙ってたけど、ちょっと力が足りないから、楽器で
入試受けて入学した、って奴が結構いるみたいだから、そういう奴らは
確かに出来ると思う。最初から楽器で受けた奴は、他と大同小異。

>>114
確かに、あの中から必要と思われる所を抜粋してやれば良いんだけど、
人間、どうしても誘惑に負けて、関係ないページを開いてしまうものだ。
個人的には、初級者にはあまり音楽的でない課題やらせて、それから
ああいう本を推奨した方が良いかな、と思う。かなり高度な内容で
的確な分析なんだけど、それだけに初心者には勿体無い!!つまらない
課題やった後に、勉強した方が楽しさ倍増のような気がする。

大作曲家の和声と似たタイプのものでは、イヴォンヌデポルト、アラン
ベルノー著の和声法が良いな。第1部で基礎理論を学んで、第2部に
バッハからラヴェルまでの譜例と文献が載っているから、実習するにしても
分析するにしても役立つと思う。

117 :88=\\\\\:04/03/23 02:49 ID:KDd02oX+
だからさあ、>>79はちゃんと基礎を勉強したのかよ?w
>島岡氏の和声をみたが、数秒で、くだらなさが分かり、予想通り。
芸和>島岡なのは確かだろうが、島岡の
「音楽の理論と実習 V」
「音楽の理論と実習 別巻V-上」
「音楽の理論と実習 別巻V-下」
の各三巻はバロック音楽に丸々焦点を当てた、恐らく日本一の良書。
それも考慮しないとは・・・ん?それとも>79は単にバロックを
勉強しなかったのか?w なんか文章読んだり
初学者には高度過ぎる本を薦める辺りからして、
>79からはゲソの匂いがプンプンするんだが。w

その点>>78は割りと話が分かる人だ。
「大作曲家の和声」は確かに良書だと思う。
まあただし学習レベルが中級後半辺りから、
徐々に良書だと認識出来ると思うけどね。
それからリストの和声を取り上げていた点は、
確かに個人的にも嬉しかったし同意。

118 :名無しの笛の踊り:04/03/23 03:09 ID:dNNbMptj
初心茶ですが、ルネッサンス系退位法って何ですか?

119 :118:04/03/23 03:10 ID:dNNbMptj
ちなみに今純粋系やってます。

120 :名無しの笛の踊り:04/03/23 20:18 ID:/g7yZbMF
>>117
「音楽の理論と実習 V」 を確認したが。
参考になるけど、全然面白くない。ただの、先生が楽できるための、教科書じゃん。
だいたい、自分で、評価できない演習が多いし。

これだったら、Schoenbergの書籍のほうが、参考になる。

だから、日本の音楽教育は、だめになったんだね。w(坂本教授いわく)

121 :名無しの笛の踊り:04/03/23 20:26 ID:/g7yZbMF
こういっちゃなんだが、
>>78 などは、作曲という行為に興味がハナから無い。
>>74 に出て来るピアノのセンセーもそう。

和声体系=作曲を本質的に知ろうとする行為は、優れた演奏家になることと同じで、
大変敷居が高い。よって、さまざまな書籍で研究しなければならない。

だから、意見が食い違うのは当たり前。

島岡氏の本は、スタンダードなんだろうが、世界的に見て凡庸な本にみえるのだ。
その程度のものは、いくらでもあるだろう。もちろん、初心者には役に立つが。

122 :test:04/04/10 23:29 ID:+p+wM0JO
test

123 :名無しの笛の踊り:04/04/11 16:44 ID:wRYW/8dg
このスレまだあったのか。
あげちゃおう。

124 :名無しの笛の踊り:04/04/11 19:04 ID:kTK+IyWG
>>118は今でもいるのか?w

125 :名無しの笛の踊り:04/04/11 21:07 ID:S+wHt5do
います!

126 :109:04/04/12 08:42 ID:cv2vzft1
>>118
書いてある通り、ルネッサンス時代の対位法で、その時の頂点とされる作曲家
パレストリーナに学ぶ対位法だよ。パレストリーナはバロック時代のバッハ
みたいなもんだ。いわゆる普通に売ってる「対位法」系の本は調性音楽を元に
した対位法音楽だが、YAMAHAなどで売ってる【パレストリーナ様式による対位法】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276105528/ref=sr_aps_b_3/250-0158243-6795462
は旋法音楽に基づいた対位法を解説している。

って事。簡単に言えば対位法と言うよりも「ルネッサンス時代の音楽理論」
って事かな。で、先の一般的な「対位法」系の本はバロック時代に調性が確立
された後の対位法理論。「対位法:各旋律の独立を目指す」という趣旨でも、
バックグラウンドが違うってこと。

127 :名無しの笛の踊り:04/04/12 10:58 ID:pShVNAD+
個人的にはかなり気に入っているんですけど、
ニコローシの“古典純粋対位法”ってどうなんですか?
…とおそるおそる聞いてみる…。

128 :名無しの笛の踊り:04/04/13 10:46 ID:Vcsf7UaU
これまでに絶版になった教本は、名著を含めて数多くありますが、
その中で、復刻されたら、自分も買いたいと思われる本はありますか?

129 :名無しの笛の踊り:04/04/13 10:50 ID:OwBWVWR6
“学習追走曲”が有名かな…

あと作曲法関係というよりは作品分析系だが、
“ベートーヴェン弦楽四重奏曲作曲学的研究”

130 :名無しの笛の踊り:04/04/13 11:11 ID:jB1q0/zg
>>128
松平「近代和声」、メシアン「わが語法」

131 :名無しの笛の踊り:04/04/14 11:29 ID:FgzgAQK0
和声学ワーク 川島博
これつかって楽典とジャズ理論しか知らない人間でも
和声楽の独習できますか?

132 :名無しの笛の踊り:04/04/15 13:09 ID:z6r8xM02
「学習追走曲」は、どうして絶版のまま放置されてるんでしょうか??


133 :名無しの笛の踊り:04/04/15 15:39 ID:0eGMS8zg
>>129
諸井三郎だな。「和声」と「対位法」への言及は少ないと思われ。
むしろあの本は「伝記」も兼ねている。


134 :名無しの笛の踊り:04/04/24 00:47 ID:T91GcCoA
難しすぎる・・・

135 :名無しの笛の踊り:04/04/25 07:29 ID:l8vWRN4j

★★★★ 指 名 手 配 ちょうせん 前田ゆきをちゃん ★★★★ 

見たか!【野中旭もびっくりの大バカ野郎!!】
チクリ、チクリやってるんじゃーねーよ! 前田勇喜男。
おまえは居酒屋の出入り禁止者だ。 うざいんだよ、前田ゆき男。

       ⊆ニ(二(ニニ⊇   ⊆ニ(二(ニニ⊇
        ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       / ____/_________________ヽ
      ,/ ̄ ̄ ┏━, / ̄ ̄ ̄|| ||::::::⌒ ⌒ヽ ̄||| ̄ ̄ ̄ ̄   ̄...| |
     ,/ ∧ ∧. i┸i //. ∧ ∧ ||:::ー◎-◎-)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    _.,/. (・Д・ ) | :::|// (゚Д゚ ) |::  ( 。。))< 前田勇喜男の嫁はんは朝鮮人だぞ。キショイよ
   |/,,,,,へ⊂ ヽ  .//  ,/  ノ/ || ノ  3  ノ  \________
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄>>1 ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。|┃       |━━━━━...............|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,゜,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,虎門原爆病院,,,,,[|
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,|         |       .     [|
 |====== ;...........|  /,  ̄ヽ |~~|.        |  /,  ̄ヽ |     {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''|―-|.(※)|':|''''|.'''''''''''''''''''''''''''''|''''''''|.(※)|:|'''''''''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ
http://www.erotown.com/gazou/bbs8/img/img20030413141101.jpg
http://violet.homeip.net/upload/img-box/img20040126034708.jpg


136 :名無しの笛の踊り:04/04/26 20:28 ID:4CUh82db
>>134
何が?

137 :名無しの笛の踊り:04/04/27 10:47 ID:mkgt2rxq
フーガとかじゃなく、ウェーベルン系の対位法を独学したいのですが、
何かいいテキストありますか?
また、シェーンベルク、ウェーベルンの分析本でわかりやすいのがあったら
教えて下さい。
ここの方たち、専門の方が多そうなので。よろしくお願いします。

138 :109:04/04/27 12:34 ID:P1pk3kOf
↑・・・濃いねぇ・・・。俺はゲソじゃないからワカラン。w
以前、国会図書館で「12音による対位法」を読んだけど、
それじゃあダメかな?もっとも、俺は基本的な部分だけ知りたかったので、
さっと洗い読みした程度で深くは学習しなかったけど。
あとはここを参考にしてちょ。多分ここの2つのサイトが一番クラ系の本を紹介してると思う。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp/shiryoh.html
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1269/netori3/ongakusyo.html

139 :名無しの笛の踊り:04/04/28 23:29 ID:ngrisrrX
増一度関係の音を、違う声部に連結する事は対斜といって禁則の
ようだが、短二度だったら問題ないの?例えばcmollのドミナント
基本形からトニックの第一転回の連結で、ドミナントの第五音
(要するにd)が下降してcに進行した場合、短二度の関係の音が
違う声部に配置される訳だけど、これは良いの?結構、和声の例題
でもよく見かけるんだが、学習する場合は避けた方が良い?

140 :名無しの笛の踊り:04/04/29 01:02 ID:R8Gnu1uy
>>139
避けるとどうなるかやってみるのも面白いかも

141 :名無しの笛の踊り:04/04/29 05:25 ID:KqgfRqIm
>>139
問題ない。

その場合 dはcに行くかgに行くかに限られるが
どちらでもよし。

142 :名無しの笛の踊り:04/04/29 09:02 ID:pkCD6M8x
大体、増1度と短2度は別物だし。
もともとはセント数すら違う音程なんだから混同してはいかん。

143 :名無しの笛の踊り:04/04/29 20:33 ID:aqiEsnDC
早速のレス有難う。

>>140
共通音がない場合は、近い音に連結するというのが原則だから、
やはり避けられるものは避けた方が良いかもね。

>>141
例題とかでも結構見かけたから、大丈夫そうだとは思ってたけど、
お陰で安心したよ。これからはもう少し自由なソプラノ課題が
出来そうだ。

>>142
なるほど。言われて見ればその通りかも。俺の場合、半音=100セント
という平均率の頭しかなかったから、今まで増一度と短二度を混同してい
たようだ。七の和音同士の連結や、短調のY→Xの偽終止で、短二度関係の
音を別の声部に配置せざるを得ない状況が、今までの課題でもあったんだけど、
それらは全て例外的なものだと勝手に思い込んでいたよ・・・。

144 :名無しの笛の踊り:04/05/01 14:17 ID:9RuuGBl8
>>143
短調のX→Yの偽終止のことかなぁ?一巻のX→Yの連結の原則、導音以外の2音は最も近い音へ下行、が短調でも効いていると思われ。

145 :144:04/05/01 18:03 ID:9RuuGBl8
スマソ
言葉足らずだった。要するに対斜とか以前に原則が最重要ルール。短調のX基→Tの1転も同様。

146 :139,143:04/05/01 22:22 ID:D2a8iWpf
>>144
ごめん。短調のY→Xの「半終止」の間違え。>>144の言う、X→Yの偽終止でも、
規則に従うと同じ問題(短2度関係の2音が違う声部に置かれる)が起きるけど、
Y→X(1巻126頁)の場合、先行和音のYで必ず第3音を重複しておかないと、
Xに連結する際に悪進行招くでしょ?このように扱いが限定されるうえに、対斜
みたい(俺が勝手に思ってただけだが・・・。)な関係が生じるから、嫌な印象
があるんだよね。響き的には凄く好きなんだけど。

147 :名無しの笛の踊り:04/05/02 03:10 ID:nlvH+X6H
>>138
早速レスいただいていたのに、御礼が遅くなってごめんなさい。
いいサイトを紹介して下さって、ありがとうございました。
とりあえず「12音による対位法」、読んでみようと思います。
良スレ、感謝。


148 :名無しの笛の踊り:04/05/02 03:27 ID:5lE4UQFa
>>139
基本的にだめ。b2が生じる場合はNG,。
b9が生じるのは、古典以外ではOKなのでは。(メロディとしては良いが、ハーモニーとしては)
こういうのは、Suspensionとかのお話か?(偽終止とかとは関係ないのでは?)

いずれにせよ4声対位法の練習では、減点対象では。


149 :名無しの笛の踊り:04/05/02 04:14 ID:/NK85vb3
>>148
なんか勘違いしてまつね

150 :144:04/05/04 15:32 ID:O3MB5EeO
>>146
Y→Xって普通あまりつかわない(場合による)。俺はWの一転を使う。そうすれば必然的に第1,5音を重ねるから悪進行が起きない。和声課題の場合はたぶんその方が無難ですよ。俺も勉強中の身なのであまりあてにならないかもしれませんが・・・

151 :名無しの笛の踊り:04/05/07 23:59 ID:lUWL7FXU
8か16小節くらいの、2声の、5度のカノン(無限に高くなっていくやつ)で、きれいなの、誰か書いてください。
リコーダーで吹けるやつ。

152 :151:04/05/08 02:33 ID:iJ8VLR1o
ちなみに、こういうことをやりたいと思ってます。

ソプラニーノ(D-dur)         〇〇〇〇〇〇〇〇
ソプラノ(G-dur)       ●●●●●●●● 
アルト(C-dur)    〇〇〇〇〇〇〇〇
テナー(F-dur)●●●●●●●●

  ●=奏者A 〇=奏者B (カッコ内はカノンの調の例・楽器の調ではない)

ごく簡素なものを希望してます。
ノーギャラですが、よいのを書いてくれたら、よい演奏させていただきます。


153 :名無しの笛の踊り:04/05/09 20:30 ID:fM6gjIrQ
>>137
>フーガとかじゃなく、ウェーベルン系の対位法を独学したいのですが、
>何かいいテキストありますか?
>また、シェーンベルク、ウェーベルンの分析本でわかりやすいのがあったら
>教えて下さい。
>ここの方たち、専門の方が多そうなので。よろしくお願いします。

Geroge Perle, "Serial Composition and Atonality"
Allen Forte, "The Structure of Atonal Music"
あたり。


154 :名無しの笛の踊り:04/05/13 01:30 ID:zL7rts72
137です。
また新しい情報をありがとうございました。
この2冊は、日本語訳版はありますか?
早速入手しようと思うのですが、原語ではちとつらいかな。
何しろ独学なので。



155 :名無しの笛の踊り:04/05/13 13:21 ID:Rctbl6aw
ああ __ト ̄|○ __( ̄|○

156 :名無しの笛の踊り:04/05/14 04:18 ID:KlF5IJvG
>>154
その際だから並行して語学の勉強もするといいかも。
そしたら勉強の範囲も広がるし情報量も当然増えるので
むしろ独学にはそのほうが後々楽かも。

157 :153:04/05/15 22:18 ID:9Qjyy2C4

>>154
>また新しい情報をありがとうございました。
>この2冊は、日本語訳版はありますか?

残念だが日本語訳なし。

156の言う通り、まさに

>その際だから並行して語学の勉強もするといいかも。
>そしたら勉強の範囲も広がるし情報量も当然増えるので
>むしろ独学にはそのほうが後々楽かも。

ということ。


158 :137:04/05/16 02:28 ID:YlwIDYs2
>>157
うぉっ、原語かぁ・・・きびしいなぁ。
確かに理論系の書物を読む場合、音楽に限らず
最低英語が読めないとダメな部分、ありますよね。
独学で頑張ろうと思ったら、クリアしなきゃならない
壁ですよね。わかっちゃいるけど・・・
とりあえず辞書を片手に、挑戦してみます。
ありがとうございました。


52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)